在籍確認なしのキャッシング

キャッシングの申し込みをする際に最も気にしてしまう点が「職場への在籍確認」です。
キャッシングの在籍確認は、基本的に電話で行われますが、消費者金融の社名で電話がかかってくることはありません。

 

貸金業者は、貸金業法によって契約を第三者に漏らしてはいけないことになっているため、必ず個人名で電話をかけてきます。
なので、安心して大丈夫なのですが、一部の職業の方はそれでも困るという方もいらっしゃいます。

 

それは、派遣社員など、普段と違う場所で働いている方や、普段職場に電話がかかってくることは無い方です。
そういった方は、いくら個人名で電話があっても、明らかに不自然ですし、もし、電話にとった人が、キャッシングは個人名で電話をかけてくるということを知っていた場合、感づかれてしまう可能性もあります。

 

できれば在籍確認なしで借入したい…

 

と思っている方は多いのでは無いでしょうか。

 

じつは、在籍確認なしでキャッシングする方法はあります。

 

当サイトでは、在籍確認なしでキャッシングする方法を紹介します。

在籍確認なしでキャッシングする方法

在籍確認なしでキャッシングする方法ですが、厳密にいうと、電話以外の方法で在籍確認をするということです。
一部の大手消費者金融は、在籍確認の方法が2種類あって、一つ目は職場に電話をして在籍確認をする方法ですが、もう一つは、会社に所属しているということがわかる書類を提出することで在籍確認を認めてもらう方法です。

 

会社に所属しているということがわかる書類は、「社員証」「源泉徴収票」「会社の健康保険証」などがあります。
この方法を使えば、会社に電話がかかってくることはありませんので、確実に会社にバレずキャッシングをする事ができます。

 

ただ、この書類で在籍確認をする方法は、どの消費者金融でも使える訳ではありません。
この方法で在籍確認ができる消費者金融を以下で紹介します。

職場への在籍確認なしでキャッシングできる消費者金融

プロミス

プロミスは、三井住友銀行グループの消費者金融SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のキャッシングサービスです。
消費者金融ではアコムに次いで2番目の売上規模を誇る消費者金融で、プロミスは、職場への電話ではなく、書類の提出で在籍確認をOKとしてくれる数少ない消費者金融です。

 

しかも、書類の提出は、携帯電話やスマホで撮影したデータをメールで返信するだけと、とても簡単な手続きで済むため、申し込み・審査共にスムーズに進めることができます。
職場の電話連絡の在籍確認が困るという方にとっては、一番おすすめの消費者金融です。

モビット

モビットはプロミスと同様、三井住友銀行グループの消費者金融ですが、モビットは一定の条件をクリアしている場合は、電話連絡なしで、在籍確認をすることができます。
その条件とは、三井住友銀行の口座か、三菱東京UFJ銀行の口座を指定して申し込みをすることです。

 

上記二つの口座があれば、「WEB完結申し込み」が可能で、この方法を使えば電話連絡無しで申し込みを完結させることができます。
なので、上記二つのどちらかの口座を持っていれば、職場への電話連絡無しで在籍確認を済ませることができます。

 

現状、電話連絡無しで在籍確認を済ませてくれる消費者金融は、上記のプロミス・モビットだけです。
そして、書類の提出で在籍確認OKとしてくれるケースは、小額の借入のみとなっています。

 

消費者金融は、50万円までの借入審査は比較的緩いですが、50万円以上の借入申し込みとなると厳しく審査されます。
そのため、在籍確認も書類では無く、必ず電話で確認されるため、注意が必要です。

 

50万円以下の借入の場合は、書類提出での在籍確認が可能なので、上記2社のどちらかで申し込みするようにしましょう。

 

即日キャッシングするには、いくつかのコツがあります。当サイトは在籍確認について詳しく紹介しているサイトですが、即日キャッシングについて詳しく紹介したサイト「街金で即日キャッシング」も運営しているため、急いで借入したい方は、合わせてご覧ください。

更新履歴